ご葬儀の流れ・豆知識
トップページ »

ご葬儀の流れ・豆知識

もしもに備えて…ご葬儀の流れ。豆知識

お葬式は日常的に経験するものではありませんが、そのほとんどは突然やってきます。
普段からお葬式に対しての知識や、心構えを持つことは大切なことです。

ご臨終を告げられたら
セレモールとちぎにご連絡下さい

・施主の名前、住所、電話番号、続柄

・故人の名前

・死亡した場所

・遺体の移送先(自宅・斉場)の電話番号をお知らせ下さい。

葬儀の日程を決める

一般的には臨終の翌日が通夜、翌々日が葬儀という段取りですが、亡くなった時間が早朝の場合などは当日の夜が通夜、翌日が葬儀になります。尚、葬儀は友引をさけますが、お通夜等は行ってもさしつかえありません。

末期の水をとる

病院で亡くなった場合、病院側で遺体の清拭をしてくれる場合もありますが、ご自宅の場合お身内で行われます。

親戚や親しい人に知らせる

病院から危篤の連絡を受けたらアドレス帳を必ず携帯するよう心がけましょう。また、病院内で連絡する時、携帯電話の使用は、禁止されているのでテレホンカードを用意しましょう。

訃報の連絡は深夜でも許されるのですが、その場合はそのむねを相手の方に失礼を詫びてから要点のみをお伝えすると良いでしょう。

火葬場の手配

深夜においても電話予約が可能な地区がございますのでセレモールとちぎにご相談の上、早めに予約しましょう。

手続きは、後ほど世話役、お身内もしくはセレモールとちぎで代行致します。

寺院に連絡する

菩提寺が分からない時はセレモールとちぎがご相談を承ります。

神道であれば神官であり、キリスト教は、祭主に連絡しましょう。

僧侶に枕経をあげていただく

枕経とは臨終行儀です。枕経(枕づとめ)をあげて頂くときには喪服ではなく通常の服装でも良いとされています。

戒名

宗派によって「法名」「法号」といい、つけ方も謝礼の額も幅があるので菩提寺、僧侶に相談して決めると良いでしょう。

通夜・葬儀の準備
通夜・葬儀の準備

施主を決めます。一般的に、施主は、故人の配偶者かその成人した子供が務めます。

葬儀の規模、場所を決める

会葬者の予想数は、年賀状などを参考に3割〜5割増しで考えると良いでしょう。

納棺 ※基本的にセレモールとちぎのスタッフがお手伝い致します

・遺族の手で納棺を行います。

・棺に入れるものに注意しましょう。

・仮のふたを閉め合掌します。

喪服の準備 ※喪服が間に合わない場合、貸衣装をセレモールとちぎにて手配できます

女性の服装

和装の場合は、染め抜き五つ紋の黒無地の着物に黒の袋帯を締めます。

洋装の場合は、黒のスーツ、ワンピース、アンサンブルのいずれかです。

光沢のない黒のバッグや靴を選びます。結婚指輪以外のアクセサリーは、つけないようにし数珠を用意します。

 

男性の服装

和装の場合は、染め抜き五つ紋の羽黒二重の羽織と着物に仙台平か博多平の袴を着用します。

洋装の場合は、モーニングコートが正装服ですが昼間の礼装であるため通夜には、ブラックスーツを着用します。ダブルでもシングルでも構いませんが、スリーピースの場合は、ベストも黒にし、ネクタイ、靴、靴下も黒にします。ネクタイピンは、付けません。また数珠を用意します。近年におきましてはブラックスーツで通す場合が多いようです。ただ、ポケットチーフを入れたままの方もいらっしゃるので注意しましょう。

 

子供の場合

学校に制服があればそれが、正装となります。制服がない場合は黒、紺、グレーなど地味な色の服を選びます。

通夜・葬儀・告別式
通夜の進行 ※進行は宗派等により多少の違いはあります

1 受付開始

2 一同着席

3 僧侶入場

4 読経

5 焼香

6 僧侶退場

7 施主または、親戚代表お礼の挨拶

8 通夜ぶるまい

葬儀・告別式の進行 ※進行は宗派等により多少の違いはあります

1 受付開始

2 一同着席

3 僧侶入場

4 開式の辞

5 読経

6 弔辞・弔電披露

7 焼香

8 僧侶退場

9 施主または、親戚代表お礼の挨拶

10 閉式の辞

出棺

くぎ打ちの儀式を行います。くぎ打ちは、儀式なので軽く打てばよいでしょう。

出棺は、必ず頭の方を先にして遺族や親しい人手葬列をくみます。

すべての進行はセレモールとちぎでおこないます。

火葬・精進落とし
火葬場へ向かう

持参するもの…骨壷・花束・お膳・位牌・遺影・火葬許可書

納めの式

棺がかまどの前か中に安置されたら小机をかまどの前に置いて位牌と遺影、花を飾ります。僧侶の読経がはじまったら葬儀と同様に焼香を行います。

骨上げ

二人一組で一つの骨をはさんで箸渡しにします。正式には、男性が左から、女性が右からというように男女一組で行います。1〜2片拾ったら次の人に変わります。

精進落としのもてなしをする

本来は、四十九日忌の忌明けに行うものですが、最近では葬儀でお世話になった人や僧侶の労をねぎらうために葬儀等が終了後行うことが多いようです。

席次は、僧侶や世話役を上座に、遺族は下座に着きます。施主は、お礼の挨拶をして、世話役などひとりひとりに礼を述べて、料理等でもてなすようにします。

事務引継・法要
事務引継

葬儀が終わりましたら、世話役より葬儀事務を引き継ぎます。

 

・会葬者名簿と名刺

・香典と香典帳

・供物・供花の記録帳

・弔辞と弔電

・出納帳と請求書・領収書・納品書類

法要の準備

1 日時と場所を決める

2 僧侶に連絡する

3 案内状を送る

4 引き出物・料理の手配

法要のスケジュール

年忌法要は、「三」「七」にあたる年の命日に行い五十回忌以降は五十年後ごとに行います。

初七日(しょなのか) 七日目
五七日(いつなのか) 三十五日目
七七日(なななのか) 四十九日目
百カ日 百日目
一周忌 翌年
三回忌 満二年目
七回忌 満六年目
三十三回忌 満三十二年目
初七日法要

本来、臨終から数えて七日目に行うものですが、最近では遺族や親族がそろっている葬儀後すぐに還骨法要と一緒に行うことが、多くなっています。

法要の一般的な進行

1 僧侶読経

2 焼香

3 僧侶の法話

4 会食

ページの一番上へ